油の新常識!?今の日本人に必要な油は「亜麻仁油」!!

スポンサーリンク

私はいつも仕事前「羽鳥慎一モーニングショー」を好んで見ています。

羽鳥さんやコメンテーターの話を聞いているだけで勉強になるし、雰囲気が好きです。(特に玉川さんと一茂さんが出ている金曜日が好きです)

そんな大好きな番組で医者が教える3大健康「油」という特集がありました。

油はあまり体に良くないイメージがありますが、正しく選び摂ることで健康にもよいとされています。

また、特集の中で「亜麻仁油」という油が日本人にもっとも必要な油として注目されておりました。

今回はそんな番組注目の「亜麻仁油」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

医者が教える3大健康「油」とは?

番組にて医学研究所の先生がオススメしていた油はこちらの3つになります。

  • 亜麻仁油
  • オリーブオイル
  • ごま油

亜麻仁油は後程詳しく記載しますが、オリーブオイルとごま油についても健康に良い効果がありますので、ちょっとだけ触れていきたいと思います。

オリーブオイルが健康に良いワケ

オリーブオイルには、善玉コレステロールを強化して悪玉コレステロールを減らす作用のあるオレイン酸が多く含まれております。

オレイン酸により血管が詰まりにくくなり、心筋梗塞のリスクを減るらしいです。

また、特にエクストラバージンオイルがオススメらしく1日の適量は大さじ1杯程度ということでした。

ごま油が健康に良いワケ

ごま油には老化防止のあるセサミンが含まれております。

また、セサミンにはアルコールの分解を助ける力もあるようで二日酔い対策にもなります。

1日の適量は小さじ1杯程度ということでした。

お酒をよく飲む方は普段のからごま油をとるといいかもですね!

日本人にもっとも必要な「亜麻仁油」とは?

さてここからが本題の「亜麻仁油」です。

なぜ「亜麻仁油」が1番おすすめに上がったかご紹介したいと思います。

α-リノレン酸

「亜麻仁油」に多く含まれているのがα-リノレン酸です。

体の中でα-リノレン酸の一部が「EPA DHA」に変換され、「EPA DHA」が老化と共に硬くなる血管を広げ柔らかくする効果があるらしいです。心筋梗塞の予防ができるとのことでした。

また、α-リノレン酸自体にも効果があるらしく番組内で、血中濃度0.6%増脳卒中のリスクが28%減るというデータも出ておりました!

ちなみに1日の適量は小さじ一杯程度ということです。

また、α-リノレン酸が多く含まれる魚で補おうとするとイワシ2尾も摂らないといけないようです。

オススメの食べ方

亜麻仁油は熱に弱いのでサラダにかけて食べるのがベストとのことです。

特にビタミンB群が多く含まれているアボガドと食べるのがオススメで認知症予防になるとのことです。

食べるのにベストな時間帯は?

エネルギーとして油を消費することもできるので、朝ごはんで食べるのがベストとのことです。

亜麻仁油はいくらぐらい?

ネットで色々調べてみましたが1000円前後で購入できるようです。

安い物だと600円ぐらいな賞品もありましたが、全体的にちょっとお値段としては高めですね。

まとめ

油は取り方によって様々な病気のリスクを軽減できることがわかりました。

健康の為に毎日適量を摂取するのはとてもいいかもですね!

ただ摂り過ぎは良くないので、取り入れる際は一旦自分の食生活を見直した上で取り入れた方がいいかと思います。

私も30代に突入してそろそろ健康に気を付けないといけない(もうすでに健康診断の結果はヤバいですが)ので色々な知識を手に入れて上手く付き合っていかないといけないと思いました。

親よりは先に死にたくないですしね!

以上、油の新常識!?今の日本人に必要な油は「亜麻仁油」!!でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました