若者のガム離れによりキスミントが販売終了へ…

スポンサーリンク

 若者の〇〇離れって深刻ですよね。 若者の車離れ、バイク離れ、恋愛離れ、酒離れ…etc そんな中でなんと”ガムについても離れ”が起きているようです。 ガムは安定かと思ってましたらそうでもないみたいです。 まあでもどうせお金儲けしたい大人が話題作りの為に言ってるだけでしょ?って思っていましたが、ガムについてはそうではないみたいです。 なんとあの“キスミントが販売終了”になる模様です。

スポンサーリンク

若者のガム離れの理由

若者のガム離れの理由としては下記が挙げられます。

  1. ガムをかむのがめんどくさい
  2. ガムをかんだ後捨てる手がば嫌

この2つがとても大きな理由みたいです。 また、タブレット菓子などの「錠菓」が多く登場しているという点やグミの人気も若者のガム離れの原因として大きく影響しているのではないかと思います。 その結果、若者からガムはめんどくさいお菓子で買う必要がない物として位置付けられ、国内のガム販売額も2004年ピーク時の約1881億円から2017年には約1005億円と約1/2となってしまいました。 ※データはアサデス。より

キスミントが販売終了についての個人的な気持ち

キスミントガムとは江崎グリコから発売されている菓子(チューインガム)のシリーズ。1987年よりシリーズの発売が始まっている。2003年よりウォータリングキスミントが、2010年よりキスミントインスパイアが発売されている。 Wikiより:キスミントガム

キスミントと言えばスティック型ではなく薄いボックス型のパッケージが特徴のガムです。 私は天邪鬼な部分あり薄いボックス型を好んで食べていました。特にキスミントとFit’sについては好んで購入してました。 また、林檎さんのCMが個人的にはとてもセクシーで印象に残っております。 ※Youtubeに動画あり そんな思い出のガムが無くなるのはとても悲しい。。 すでに生産は中止されており、キスミントを製造していた”佐賀市の工場は2018年末に閉鎖”します。 店頭に並んでいるものが無くなったら本当にあの味は食べれなくなってしまいます。 若者の離れは時代のトレンドに影響されるので仕方がないことですが、子供のころからあるロングセラー商品が無くなるとね。。 また言いますが悲しいですよね。最後にひと箱は購入して食べたいと思います。 皆さまの中にもキスミントに思い入れがあるかたもいらっしゃると思います。最後にひと箱いかがですか? 以上、若者のガム離れによりキスミントが販売終了へ…でした。    

コメント

タイトルとURLをコピーしました