映画「いぬやしき」はコミックも読むべし!!

本・アニメ・漫画
スポンサーリンク

今回は私がハマっている漫画「いぬやしき」についてご紹介したいと思います。

いぬやしきは映画化(4/20(金))も決まっている大人気の漫画です。

是非一度は読んでほしいです。

※ここからは若干のネタバレがあります。

スポンサーリンク

いぬやしきとは

いぬやしきとは2014年から講談社の「イブニング」で連載された大人気?知る人ぞしる?漫画です。

作者はあのGANTZの作者の奥浩哉さんです。

漫画の内容についても少し説明いたしますと、主人公は犬屋敷壱郎という男です。

58歳なのに見た目はおじいちゃん、家庭では威厳もなく、会社でもパッとしない普通以下のおじさんです。

そんなおじさんが家族の為に頑張ってお金を貯めて買った家を馬鹿にされたり、飼ってきた犬を馬鹿にされ、胃がんで余命3か月を診断されたり、挙句の果てには宇宙人の墜落に巻き込まれ破壊されます。

不幸中の幸いは機械(漫画を見ている限りだと兵器)に改造されたこと。

改造されたこより色々なことができるようになり、

困っている人を見つけては首を突っ込んでいくお節介おじさんのストーリーです。

また、宇宙人の墜落に巻き込まれたのはおじさんだけではなくもう1人の被害者も内部を機械に改造されていて…もう1人の少年はあまり良い方向に力を使わずおじさんと一悶着あったりもします。

多くのネタバレを防ぐ為、凄く適当に説明してます読んでもらえれば納得していただけると思います。

作者について

先ほどもご紹介しましたがGANTZの作者の奥浩哉さんです。

GANTZ [文庫版] (1-18巻 全巻)/奥浩哉/集英社

価格:16,248円
(2018/4/2 22:32時点)
感想(0件)

GANTZ以外でも

変[HEN]

【9冊セット】変[HEN]/1巻-9巻/以下続刊/奥浩哉/大判コミックセット【中古】[☆2]

価格:320円
(2018/4/2 22:35時点)
感想(0件)

01<zero one>

01<ZERO ONE> 1【電子書籍】[ 奥浩哉 ]

価格:606円
(2018/4/2 22:37時点)
感想(0件)

等があります。

私はGANTZしか読んだことはありませんのでご紹介はできませんので、

気になる方はどうぞ。

映画について

主人公の犬屋敷壱郎にはとんねるずの木梨憲武さんがキャスティングされております。

その他キャストもとても豪華で、

佐藤 健
本郷奏多
二階堂ふみ
三吉彩花
生瀬勝久 / 濱田マリ

等などです。

監督はGANTZ、図書館戦争シリーズ、アイアムアヒーロー等の佐藤信介監督です。

GANTZにでの実績(興行収入約63億円の大ヒット)もあるので引き続きという感じですね。

まとめ

ここ最近の漫画の中でパッケージと内容の差が大きいと感じた作品でした。

映画もとんねるずの木梨憲武さん主演ということで期待感が高いと思います。

また少し前にTVで見た映画「るろうに剣心」でも素晴らしい演技をしていた佐藤健さんも重要な役なので更に期待感upです。

入り口は映画からでも漫画からでもいいので1度は見てほしい作品です。

私は映画は見に行かない派なのでDVDかブルーレイが出たら直ぐに購入してみたいと思います。

【中古】いぬやしき <全10巻セット> / 奥浩哉(コミックセット)

価格:5,828円
(2018/4/2 23:15時点)
感想(0件)


以上、漫画「いぬやしき」は私のここ最近の漫画で意外性No.1!でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました