dTVはアプリが便利!?ユーザーが語るメリットとデメリット!

音楽・動画配信サービス
スポンサーリンク

こんばんは。

基本的にアウトドアな私ですが、金欠の休日にはお家で引きこもることもあります。

そんな時にとても役立つのが動画配信サービスです。

今回は私がお世話になっているdTVについてご紹介したいと思います。

【こんな方に特に記事を見てほしい】

  • 動画配信サービスへの加入を検討している
  • dTVについて詳しく知りたい

【注意文言】
本作品の配信情報は2018年09月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

スポンサーリンク

dTVに加入したきっかけ

それはドコモショップで機種変更をした時の話です。

最近のスマホはとても高く、1か月の利用料金が3000円も上がるというのはとても辛く、

私は変更するかどうかとても迷っておりました。

そんな私を見てdocomoのスタッフが言いました。

「dTVに入っていただけたら安くなりますよ。」

っと。そうです。安くなるので加入しました

実際に料金が安くなったのと1か月だけ使って解約すればお金も一切発生しないのでいいかなと思い少し使ってみることにしました。

結果、未だに契約し続けています。

dTVのメリットについて

dTVの詳細

運営会社 (株)NTTドコモ
会員数 約500万
月額 500円
無料お試し 31日間無料お試し有り
作品数 18ジャンル約12万作品
人気作品(映画) ちはやふる‐上の句‐
ちはやふる‐下の句‐
エンド・オブ・キングダム
ラスト・ウィッチ・ハンター
イコライザー
アオハライド
ワイルドスピード SKY MISSION
花芯 等
人気作品(ドラマ) 極悪がんぼ
GTO
列車戦隊トッキュウジャー
勇者ヨシヒコと導かれし七人
勇者ヨシヒコと悪霊の鍵
勇者ヨシヒコと魔王の城
孤独のグルメ season6
ST 赤と白の捜査ファイル
闇金ウシジマくん season3 等
人気作品(アニメ) ドラゴンボール超(アニメ)
銀魂(アニメ)
ちはやふる(アニメ)
七つの大罪(アニメ)
おそ松さん(アニメ)
ダイヤのエース(アニメ)
鬼灯の冷徹(アニメ)
名探偵コナン(アニメ)
HUNTER×HUNTER(アニメ)
ドラえもん(アニメ) 等

dTVのメリット

dTVの大きなメリットについては、

 【メリット】

  • 運営会社が安心できる
  • 無料お試しが31日間ある
  • 作品数が多いかつ月額料金が安い(=コスパ最高)
 がございます。
人気作も盛りだくさんです。

また、dTVのオリジナル作品ございます。
例えば…

【銀魂2‐世にも奇妙な銀魂ちゃん‐】
「週刊少年ジャンプ」(集英社)で大人気漫画の人気のエピソードを実写ドラマ化
主演は激情版と同じ小栗旬
仲間のいることへの幸せを改めて感じさせてくれる至極のストーリーです!などの数多くのオリジナル作品がございます。

また、dTVチャンネルとセットで加入すると1280円(税抜き)がセット料金の980円(税抜き)となります。

※docomoユーザー以外の場合は1780円(税抜き)がセット料金の1480円(税抜き)となります。

dTVチャンネルとのセットで入ると300円安く利用することができ、

さらにお得にサービスを利用することができます!

他の動画配信サービスとの比較してみる

同じく人気動画配信サービスのHuludTVを比較してみたい思います。

どのような違いがあるのでしょうか。

dTV Hulu
運営会社 (株)NTTドコモ HJホールディングス(株)
値段 500円 933円
追加料金 一部あり 全作品見放題
お試し期間 31日間無料 14日間無料
作品数 18ジャンル約12万作品 約3万
会員数 約500万 約150万

 

Huluは全作品が見放題という点がとても大きなメリットであります。

dTVは作品数がの方がHuluの約4倍ということと月額500円というリーズナブルな価格がメリットと思います。

作品数について補足ですが、動画配信サービスによって強い分野がありHuluは海外ドラマ・国内ドラマについて作品数が多いです。

多いから優れているというわけではありません。

だた、みたい作品がある可能性が高いです。

海外ドラマ・国内ドラマをメインで視聴したいとお考えの方はHuluがオススメです。

Huluなら月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマが見放題!

dTVのデメリット

今まで散々いいことばかりを言ってきましたが勿論デメリットもあります。

デメリットは契約を検討するうえ一番必要なこととなるのでしっかりチェックしましょう。

 【デメリット】

  • 一部有料
  • 同時再生できない
  • 使用する端末の登録数が決まっている

以上がデメリットはとしてあげられる点です。

デメリットに対しての個人的な意見

一部有料なのですが、無料でも多くの動画を見ることができるので私はそこまでデメリットとは感じておりません。

同時再生は1人での使用ならあまりないケースだと思います。

ゲームをしながらdTVで映画視聴というケースは時々あります。

こちらは家族での利用をご検討の方に発生しそうなケースでデメリットかと思います。

端末の登録が面倒くさいというのはわかります。

また登録数が5台までなので5台以上の端末で使いたい方には不便な思いをするのではないかと思います。

ですが1人で使うなら5台登録できれば十分です。

実際に私はタブレットとスマホしか登録しておりません。

こちらも家族でのご利用をご検討の方に発生するデメリットでかと思います。

1人での利用なら大きなデメリットにはならないです。

知ってほしい専用アプリの機能がここ(dTV)にある

dTVにはダウンロードという機能があります。

こちらの機能は、dTV内の動画をダウンロードすることにより以降は動画の通信料を発生させずに視聴できる機能となります。

こちらの機能には毎回とても助けられています。

何故なら私の家にはネット回線がないからです。

私の契約している携帯の容量は20GBなので容量を多く使う動画は頻繁にみることはできません。

でもアニメや映画などの動画は見たいのです!!

そんな時にこの機能を使います。

無料Wifiのある場所で見たいと思う作品を可能な限りダウンロードします。

ダウンロード後の視聴は動画分の通信料が発生しないのでどれだけ見ても通信容量が減ることはありません。

私のようにお家にネット環境がない方に是非使ってほしい機能です。

dTVのスマホアプリの便利機能はこちらで紹介しております。

dTVの登録方法・解約方法について

登録方法

docomoショップで登録する

docomoユーザーであればショップでの登録が一番手っ取り早いです。

公式サイトから登録する

公式サイトから登録することが来ます。

また、docomoユーザーじゃない方も公式サイトから登録できます。

【登録手順】

  1. dTVの公式サイトにアクセスし、「31日間無料おためし」をTAP
  2. 「ドコモ以外のお客様」をTAP※dアカウントを持っている方はログインにより簡単に登録できます。
  3. 「空メール送信で発行する」をTAP
  4. 発行用のメールのURLをTAP
  5. 入力画面にて各必須項目を入力し「確認画面へ」をTAP
  6. 確認画面にて記入内容に問題なければ、「同意する」をチェックし「申し込み完了する」をTAP

以上で手続き完了です。

お支払方法については、

docomoユーザー
  • 携帯料金とまとめて支払い
  • クレジットカードでの支払い
docomo以外のユーザー
  •  クレジットカードでの支払い

※詳しくはdTV公式サイトをご覧ください

解約方法

  1. 公式サイトにてdTVをログイン
  2. ヘッダー内のメニューをTAP
  3. メニュー内の「退会」をTAP
  4. 会員解約画面にて「利用規約に同意して解約する」ボタンをTAP
  5. docomoのページに遷移後、「dTVの注意事項に同意する」にチェックをつけて「次へ」ボタンをTAP
  6. 内容確認画面にて「手続きを完了する」ボタンをTAP

以上で退会・解約が完了できます。

登録・解約ともに簡単に行うことができます。

まとめ

dTVは家族などの複数で使用することには不向きですが、独り身にはとても優良な動画配信サービスといえます。

なんといってもコスパが最高です!!月額500円18ジャンル約12万作品を視聴できる動画配信サービスは他にないと思います。

また、ネットに契約していないユーザーにも優しい「ダウンロード機能」を搭載しておりどのような環境の方もdTVの動画サービスを惜しみなく利

することができるとてもホスピタリティに溢れた動画配信サービスだ思います。

docomoユーザーでなくてもdTVに加入することはできます!

動画配信サービスをご検討いただく際はdTVも候補にいれてみてはいかがでしょうか。

以上、dTVはアプリが便利!?ユーザーが語るメリットとデメリット!でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました